ホーム > オール電化とは

オール電化とは

オール電化とは

電気で全てを補う未来型の暮らし

オール電化というのは現在火を使用している部分を電気に変えるだけです。主にキッチン、給湯です。
今までの生活を考えると火を使わないのは考えられないかも知れませんが、便利さや安心性が高まり、なおかつ光熱費の削減につながり、地球と家計に優しいエコ生活になります。

電気で全てを補う未来型の暮らしのイメージ

オール電化のメリット

安全性

なにより安全性がオール電化のメリットになります。建物火災の原因の1位は【キッチンからの出火】とされています。このキッチンで火を使わなくなるだけで火災につながりにくくなります。
このメリットがあるため、高齢者住宅などはオール電化が普及しております。

経済性

オール電化にすると今までは電気とガスの支払いから電気のみになります。電気はガスと違い夜間電力プランというのがあるので、それに変更し、比較的割安な夜間電力を使って、暖房やお湯を使用することで経済的なメリットを生み出すことができます。
一般家庭で1ヵ月1万円前後の光熱費カットが期待出来ると電力会社の試算で、出ています。

一年間の光熱費試算
環境性

オール電化のほとんどは夜間電力を使用します。その夜間電力はもちろん電力会社から供給されるものですが、そもそも電力会社は効率が落ちるため昼夜問わず発電可動しています。
ですが夜間電力を使う人はもちろん多くありません。せっかく作った電気の大半は使用されないで無駄になっているのです。
その無駄を効率的に使用することができれば環境にもよく、エコになります。

オール電化のデメリット

安全性原子力発電事故から電気が限りあるものだと実感した

電気というものは今の生活に必要不可欠なものになって来ました。ただし、昨今の電力不足もある通り、限りはあります。ですから効率的な電気の使い方を考える必要があります。

深夜はお得でも昼間は割高

オール電化を利用しているほとんどの家庭は夜間電力プランを選択しています。昼間に必要以上に電気を使用するとその分割高になり、本来の電気代よりも増えてしまうこともあります。

お湯が不足することも

オール電化住宅は深夜の安い電気代でお湯をつくり事前に貯水して使います。日中にお湯を使ったらその分補充しお湯を沸かし続けますが、親戚や家族が泊まりに来るなどのイベント時には大量に使うケースもあるのでお湯が無くなることも想定しなければなりません。

ガス管が使えない

生活をしていてやはりガスに戻したいと思ってもいきなりすぐにガスが使えるわけではありません。
新築を建てる時などは特に慎重に考えて下さい。